東京・神奈川 熱帯魚ショップTropiland(トロピランド)の公式サイト

熱帯魚ショップトロピランドは東京エリア最大規模の熱帯魚・観賞魚直輸入直販店です。熱帯魚(アロワナ・プレコ・グッピー・コリドラス・テトラ)・エビ・水草・金魚・メダカ ・川魚・カメ・昆虫・ヤドカリや、水槽・エサ・フィルターなどの熱帯魚・観賞魚用品を販売しています

トップページ荒川店相模原店よくあるご質問会社概要
荒川店 フェイスブック
相模原店フェイスブック
熱帯魚の飼育を始めたい方へ
熱帯魚・アクアリウム フェイスブック
熱帯魚お役立ち情報


 
夏の水温上昇を防ぎ、お魚に最適な水温を作り出してくれる水槽用クーラーは今や飼育用品の必需品です。
年々リーズナブルかつ高性能な商品が発売されていますので、高価なイメージのあったクーラーは、
今では一般的な飼育器具になりつつあります。
クーラーのメリットといえば、なんと言っても上昇しすぎた水温を冷却し、適正水温に維持してくれること。
希望の水温に設定しておけば、あとは自動でその水温を保ってくれます。
また、ほとんどのメーカーのクーラーが、ヒーターコンセントを内蔵しているので、
冬の寒い時期でもヒーターを接続しておけば、オールシーズン水温の管理が可能となります。
大切なお魚が病気になる原因の1つとして、水温の変化が挙げられます。
昼と夜の気温差が極端な時期や、室内で冷暖房をつけたり消したりすることで、思わぬ水温変化を引き起こした場合、病気が発生しやすくなります。
しかし、クーラーを使用していれば、水槽内の温度は一定に保つことができ、病気予防に効果的です。
水槽内を美しく照らし出す照明器具(特にメタルハライドランプ)が、思わぬ水温上昇をもたらす場合もあります。
このような想定外の水温変化にも対応できるのが唯一クーラーだけです。
 
まずはお持ちの水槽の水量を計算します。
計算方法は:水槽のタテ×ヨコ×高さ=おおよその水容量となります。
これをもとに各製品の冷却可能容量と照らし合わせます。
ここで大事なのが、現在飼育されているお魚の適正水温を知っておくことです。
下記に生き物別の適正水温をご紹介します。
*下記の表はあくまでも一般的な適正水温を表記しており、生体によっては例外もございます
 
魚種
適温
ワンポイント
一般的な熱帯魚
25〜28℃
30℃以上は要注意!水温が高すぎると体力の消耗が激しくなり死に至
ることも。また水温が一定でないことも体調が崩れる原因となります。
エ ビ 類
20〜25℃
エビは高温に弱いので、温度対策は必須!!
水 草
20〜25℃
比較的低水温が好ましいです。
高いと成長が悪くなり、枯れてしまうことがあります。
金 魚
15〜28℃
対応できる水温の幅は広いですが、一定にならなかったり
高水温の場合は体調を崩し、病気の原因になってしまいます。
海 水 魚
24〜26℃
海水魚飼育の重要なポイントは水温を一定に保つこと!!
深いところに棲む種は温度対策が必須です!
サ ン ゴ
20〜25℃
海水魚と比べて高水温に弱いです。
28℃を越えると死に至る場合が多いです。
川 魚
15〜25℃
産地によって様々ですが、比較的低水温を好みます。
渓流に棲む種は年間を通して水温が低いので温度対策が必要です。
アロワナ
27〜30℃
一般的な熱帯魚に比べ、温度は高めが好ましいです。
ディスカス
27〜30℃
一般的な熱帯魚に比べ、温度は高めが好ましいです。
 
クーラー早見表
↓クリックで拡大してご覧いただけます(PDF:772KB)



熱帯魚・アクアリウム総合メディア
Copyright 熱帯魚ショップトロピランドAll Rights Reserved.